金欠時のカード払いは不可となるようです

現金化する目的で新幹線等の旅券の類を購買すること:クレカの現金化サービスというもの利用しないで、自ら換金する目的でカードを使用するということも同じ事と言えます。ハタラクティブハケン

換金するのを意図しているクレジットカードの決済であると、クレジットカードの契約内容違反となってしまうことが理由です。

複数枚のチケット・切手を購入するによるクレカ使用をすると、現金化する目的では??という風に睨まれてしまう可能性などがあるため配慮することが大切です。

さらに、利用時点においてキャシング額というものが限度になられているクレカのケースでは、新幹線の切符等を購入することにトライするだけでクレジット発行会社の方から確認の電話が来ることもあるため、金欠時のカード払いは不可となるようです。

キャッシュに問題がある場合にする内容はみんな、同じようなものなのだろう。

クレカの会社から見て問題のある利用法をすること:話題になった『永久期間』のように、発行会社から見てほんの少しも利益とならないようなルールに違反した取引を行った場合には、カードの発行会社によって強制失効させられてしまうことがあるのが現実です。

Webで話題となっていた購入ポイントの不正な入手などの世間には流通していない秘密のやり方が存在したとしてもそれらのやり方というものはどう考えてもカード会社の規定違反になるので絶対行なってしまわないようにしないほうが懸命でしょう。

失効に関する情報は他のカード会社へ知られる・・・クレジットカードを強制没収させられても、別のクレジットを利用可能のだから、ひとつであれば問題ないでしょう?などと思った方、情報流通社会にあってはそれが信用を消失する危険があるでしょう。

そもそも失効させられる事例にっなってしまうと、カード会社から入手出来てしまう信用情報機関へそういったカード情報が上書きされてしまうので契約者の信用情報というものが地に落ちるケースがあるため。

所有するただの1枚ですらクレジットを没収させられた場合他社のクレカでさえも審査に通らなくなるし、ともすると今有しているクレジットカードまで没収となる事例もあり得るでしょう。

運良く継続して使用できる場合でも使用期限切れと同時に更新不可となることもあります。

とにかくしつこく記載しましたが強制没収という処理がされてしまうほどの使い方は絶対になさらないよう規約を守って使用して頂きたいと願っています。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.gogheetogo.com All Rights Reserved.